記憶のヒトコマ

映画、B'z、アニメなどの記憶

2016年のベストショットで去りゆく年を想う

トピック「2016bestshot」について

 

話題になっている2016年ベストショットを流行りに流されて投稿したいと思います。

 

 

 

もう年の瀬。去りゆく2016年に「どんな年だった?」と聞かれたら「辛くて、楽しい年だった」と答えるし、「漢字一文字で答えて」とリクエストされたら「…『風』かなー」とお答えすることだろう。無くなったものも得たものもあるが風に揺られるように自然(という名の社会)に振り回された記憶ばかり残っている。楽しいのはもちろんだが一瞬。残ったのは辛いこと、楽しいことの記憶も写真のみ。それをホコリが被ってしまう前にブログに残す良い機会。色々あったな(笑)

 

 f:id:cinemakaeru:20161214190537j:imagef:id:cinemakaeru:20161214190550j:image

f:id:cinemakaeru:20161214190633j:image

今年結婚したので、その画像がほとんど(笑)まあ忘れない年になりました。

写真はiPhoneで撮ってますが、カメラ欲しい。パソコンも欲しい。しかたない。来年もがんばるか(笑)

 

追記:さっき撮った写真もキレイだったので載せます。

f:id:cinemakaeru:20161215214747j:image

実際に体験したハワイウェディングの魅力・人気の理由とは?

海外でのウェディングは憧れですよね!

11月29日にハワイで挙式をしてきましたが、私たち以外にも挙式をしているカップルが大勢いらっしゃいました!東海岸のビーチの撮影の際にはビーチの駐車場にリムジンが3台も止まる事態に(笑)11月末のオフシーズンでもこの人気です!6月はもっと多いのかな?

私も嫁にハワイウェディングのことを聞いてもピンときませんでした。なんとなく国内の結婚式はイメージがありますが、ハワイではどうしたらよいのやら…しかし、実際に体験してみると

思っていたよりずっと楽でした!

結構不安がありましたが、式場を予約してから帰りの飛行機まであっという間に過ぎてしまいました(笑)もう流れがしっかり決まっていますから安心です!

とまあ新婚さんが気兼ねなく行えるようになったハワイウェディング、その魅力・人気の理由、メリット・デメリットに迫ります。

 

 

決めることが少ない!


結婚式(国内挙式でいうところの披露宴)は決めることが多いです。参列者の選定、席の位置、引き出物、そして式の段取りなどなど。余興など自由にできることが多いですが、その分仕事かって思うくらいに打合せがあります。それに比べるとハワイウェディングでは決めることが少ないです。式の会場、日時、参列者、ドレス、フォト、式の後のお食事で大体決まります。これは国内でも新婚旅行でも同じですが、ドレスは基本お色直しがないのでひとつ決めればOKですし、お食事もコースを選ぶだけで余興とかもないので楽チンです。ちなみに私たちは自分で作った映像を流したり、手紙を渡したりとお食事がメインでやりました。式もお食事もほとんどがYES or NOで決まるものばかりですので、決めることが少なくて楽でした!簡単に決めることができるのも魅力かと思います!

 

費用が安く抑えられる!


やっぱり参列者が多くなるとその分、費用がかかります。しかしハワイウェディングではそんなに参列者は式を行う2人と両家の両親や兄弟、姉妹などの組み合わせが多く、合計10名ぐらいとそこまで多くはありません。披露宴もないので挙式代の倍とかに費用がなることはありませんので安心です。経済的です!

 

気を使わなくていい!


結婚式では段取りの実際に動いて確認は直前にしかやらないそうで、会場の方がフォローしてくれますが、やっぱり間違えることがあります。多くの人がいる前で失敗はやっぱり堪えますよね〜。ですが、身内のみの場合は笑い話で済むので気が楽です!

 

親に海外旅行をプレゼント!


私の両親と私が海外に行ったことがなく、今回が初海外となりました!正確には旅費を出したわけではないのでプレゼントではないのですが、海外旅行のきっかけとしてハワイウェディング、その他の地域でもいいですが、海外ウェディングは良いと思います。主役が自分たちの場合、多少のわがままが通りますから(笑)

 

1年以上前から予約しなくていい! 


最初にJTBさんに式の話を聞きに行った時、国内挙式って1年以上前から予約しないといけないと聞いてビックリしましたが、ハワイウェディングではそんなことはないです。大体半年前くらいでも大丈夫です。すぐに結婚式を行いたい人、
ピンポイントで予約したい人などにおすすめ!

 

式に集中できる!


披露宴はないので式がメインということもあり、式に集中できます!会場もとてもキレイなので式でのひとつひとつの動きが鮮明に残ります!

 

ハワイのロケーション!

f:id:cinemakaeru:20161211112039j:image

f:id:cinemakaeru:20161211112510j:image

f:id:cinemakaeru:20161211112210j:image

f:id:cinemakaeru:20161211112359j:image
はい!ウェディングドレスを着てここで撮影ができます!やっぱりこれを体験、写真に収め残したい人はハワイに行くしかないです!

 

 

それ以外にデメリットと思う点は以下となります。

 

実際にチャペルを見れない!


素晴らしいチャペルの画像しかなく、実際に見て決められないということがあります。ハワイですしね。まあ楽しみをとっておきたい人は気にならないでしょうが…画像はどれも素晴らしいので、迷ってしまいますが、私たちが予約したJTBやHISの方は実際に行って見ているので話を聞いたり、ご自分でこういった体験ブログで調べたりして選んでください。
おそらくですが、当日実際のチャペルを見てがっくりすることは多分ないと思います。式場にもよりますが…大抵は素晴らしいので緊張が倍増します(笑)

 

友達などを呼べない!


ウェディングはみんなでワイワイやりたい!というカップルにはおすすめできません。参列者がハワイになかなか来れないので、身内のみの式になる可能性が高いです。参列者の旅費は参列者持ちが普通なので行きたくてもいけない→参列者が絞られるということになります。国内でやったほうが無難です。


以上です!
ハワイウェディングは国内挙式よりも簡単にしかも費用を抑えられてできるのは魅力だと思います。国内挙式はみんなでワイワイと大勢で式を作りこみたい方におすすめです。
デメリットと思うところも出しましたが、やはりハワイでのウェディングはおすすめです!ハワイのロケーションで行う式は鮮明に記憶に残ると思います!

ハワイウェディングをしてきました!

現地時間2016年11月29日(火)にハワイで挙式を行いました!皆さまありがとうございます!

 
プロポーズしてから約3年。
入籍してから約半年。 
 
やっと結婚式を迎えることができました!しかも念願のハワイで!
感無量!!!長かったような短かったような…でもそんなことを吹き飛ばすくらい最高の思い出ができました!初の海外、初のハワイ。蒼い海に白い砂浜 etc.
f:id:cinemakaeru:20161210155151j:image

 

それぞれ結婚式というものに夢を抱いている人がいると思います。その中でもハワイウェディングは2人きり、もしくはご両親のみといった少人数から友達を呼んで大人数で行うウエディングまでそれぞれが自由に選べることができ、気兼ねなく自由に式を選べるのが魅力です。
今回は新婚旅行も兼ねていますのでハワイ観光はもちろん、純白のドレスでハワイの浜辺で写真を撮ったりできるのはハワイウェディングならではの体験です。
 
初海外でしたが打合せもしっかりできたので特に不安もなく、また現地でも問題なく過ごせました。JTBさんで予約しましたが、色々なことを聞いたり予約をしたりと丁寧にやっていただいて本当に楽でした!
両家の両親と私の姉の7人での式でしたが、スタッフの方やカメラマン、メイクさんが本当にいい人ばかりで最高の結婚式でした!
ハワイ最高ー!
 
また行きたいです!そのためにはもっとがんばらねば!
 
このブログでハワイウェディングの情報をアップします。しばらくはハワイウェディングブログに変貌します!参考になれば幸いです!
 f:id:cinemakaeru:20161210155401j:image
 
では皆さまありがとうございました!
 
 

【映画感想】ダークナイト/バットマンシリーズ歴代最高傑作

 

バットマン ビギンズ」の正統なる続編。「ダークナイト」シリーズ第2章。今作からタイトルにバットマンが付かない。知らない人は間違えるかもしれないが、間違っても前作をのけ者にしないでほしい。監督は引き続きクリストファー・ノーランクリスチャン・ベールをはじめ、主要キャストはケイティ・ホームズ以外は続投。初登場組は、ヒース・レジャーアーロン・エッカート

 

f:id:cinemakaeru:20161106155044j:image

 

正直、「バットマン ビギンズ」自体が旧バットマンシリーズの中でも最高傑作だったと個人的には思っているので、映画館に行かなかったことを割と後悔しています。※「宇宙戦争」を選択。しかもそれを軽々と超えてくる続編が出てくるとも思いませんでしたよ。

 

公開当初は色々な言葉が飛び交いました。

 

鮮烈ー

衝撃ー

度肝を抜かれるー

 

数々の絶賛の声。その中心にいたのが間違いなくヒース・レジャーが創り出したジョーカー。「七人の侍」を当時劇場で観たことを孫にも自慢するように、ジョーカーを劇場で観たことを私はきっと孫に自慢するだろう。ありがとう。

 

迫真の演技、熱演といった言葉がまったく当てはまらない。演技という概念そのものを超越し、ジョーカーそのものになったとしか思えないヒース・レジャーの姿。ジョーカーがスクリーンいっぱいに映し出される

たびに圧倒される。裂けた口をめいっぱい開いて笑う姿、頭から離れない甲高い笑い声、見事な手品。そして何よりゲームのように犯罪を繰り返す残虐性。無計画のようで緻密に練られている犯行。

 

ヒース・レジャージョーカーはジャック・ニコルソンジョーカーとは別の悪。全く素性が分からず、どこの誰かも語られない。唯一、ジョーカーが語るのは口の裂けた理由(しかもナイフを口に入れながら)のみ。素性が分からない神秘性と不気味さの中に愛嬌がある(←たぶん)ので、なぜだかとても魅力的に見える。

 



バットマン、ゴードン、デントがマフィア撲滅に奔走し、追い込まれたマフィアが頼ったのがジョーカー。オープニングの銀行強盗ではただの泥棒だったジョーカーがバットマンなどの正義によって力を得ていく。ゴッサムシティーの市民に向けた犯行を繰り返し、バットマンには市民を人質にマスクを脱ぐように脅迫をする。

人々の恐怖を武器に市民、そして警察を脅して犯行を行わせる姿は映画「セブン」の犯人ジョン・ドゥのようにも思える。彼も恐怖・絶望を駆使して、人に犯罪を行わせていた。

両者は共に善人を悪の道に引きずり込むことができる能力があり、デントは切り札として利用される。全てジョーカーの計画通りだが。多くの一般市民、及び警察に犯罪を行わせるジョーカーは時代が違えば革命家とか呼ばれる可能性があるだろうし、その末路を描いているところが「ダークナイト」の素晴らしい所のひとつ。

 

結論として、ジョーカーは魅力的で飛び抜けた存在のヴィラン。これを超える悪は存在しないのではと思う程に完成されたキャラクター。

これを超えるヴィラン、キャラクターは今後出てくるのも難しいと思う。ジョーカーなしで次作の完結編を作らなくてはならなかった製作陣は大変だったと想像するし、本当に次作でも観たかったです。

てな感じで、まるでジョーカーが主人公のように書いてきたが、あくまでジョーカーはヴィランであり、主人公はバットマンとなっているのがまた最高。

元々、ジョーカーを生み出したのはマフィアを追いつめたバットマンである。ジョーカー(犯罪)なしでは存在できないバットマンバットマンなしではただの泥棒に戻るジョーカー。そのロジックを語る取調室のシーンは圧巻。見応えある演技合戦が観られる。

デントを光の騎士として認め、マスクを脱ぐ決心をし、レイチェルと幸せになろうと決めたバットマン。そよひとつひとつを粉々にし、バットマンを内面からボロボロにしていくジョーカー。「闇のヒーロー」として街を救った彼がデントの罪をかぶり、文字通り犯罪者となってまでゴッサムシティーを救う。この物語はバットマンが「ダークナイト」になるまでを描いていた。自分がヒーローではないと自覚し、街のために身を落とし、ジョーカーとのロジックを一生抱えて生きていく。あくまでジョーカーはバットマンを引き立たせ、物語に奥行きを出すための一部。しっかりとバットマンの物語となっています。

ラスト、ゴードンのセリフと共に闇に消えるバットマン。そこからのタイトル!の流れに涙が止まりませんでした。

 

不満点は

・レイチェル役が微妙。前の人とは言わないが、他にも候補がいたはず。

・トラックが横転するときに車が全然なかったのに、次のカットには走っているので混乱。などのつなぎであれってなるシーンが多々ありました。

などありますが、そんなちょっとのことはスルーできるくらいの傑作です。

 

ビルに寄っていくファーストカットからIMAXカメラの威力が発揮されているシーンの数々、全く飽きさせない怒涛の展開に奥深いテーマ、腹の底に鳴り響くハンス・ジマーの音楽、各キャストの名演。これを作り上げたクリストファー・ノーラン監督な手腕にこの世にこれ以上ないキャラクターをフィルムに焼き付けたヒース・レジャーに最大の敬意と感謝を表明します。

 

無音の企業ロゴからラストのタイトルまでノンストップで駆け抜ける大傑作!1度は観ていただきたい一作です!


cinemakaeru.hatenablog.com

 

 

150記事目の投稿

皆さまお久しぶりです。

本当にお久しぶりです。シネマかえるです。

 

寒くなってきましたね。そうです。前回の記事は7月の中旬。これから夏本番の7月ですね。3ヶ月も前の話です。早いですね。その間、仕事、夏休み、ハワイ挙式の準備等々で大変忙しく、大変充実?した日々を過ごしていたました。日々が流れるのはとても早いです。そういえばブログ名を変更しましたけど、その後全然投稿しなかったので、ね。そんなことも忘れてました。皆さん申し訳なかったですね。夢を見ているシネマかえるです。はい。夢の中で性別が入れ替わったりはしていないですよ。胸を鷲掴みしたりしたり絶対しないですから。たぶん!

ハワイ挙式まで1ヶ月を切りましたので、心残りがないようにラストスパートをしつつ、仕事も繁忙期なので、それをこなしつつ…ブログ、も頑張りたいですねー。ねー。

最近の急激な冷え込みで体が堪えております。早くハワイに行きたい。海に入りたい。のんびりしたい。美味しいもの食べたい。

 

今年の夏も話題作がたくさんの映画界ですが、一応チェックはしていたので、近々批評も投稿したいですね。シン・ゴジラ君の名は。などですね。面白かったよ。うん。

では余裕が出たらまた投稿します。みんな忘れないでね!SMAPの解散が秋の夕暮れ並みに淋しいシネマかえるでした。バイバイ

 

 

 

【2016年夏映画】夏休みにおすすめの映画5作品を紹介!(洋画・邦画・アニメ)

恒例の夏休みにオススメの映画情報です!

今年の夏は例年に比べ、注目作が少ないですね。と思いつつも昨年が豪華過ぎで、こんなもんかなーという気もしますね。
 
ではさっそくいきましょう!
 
 
 

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

7/1公開
f:id:cinemakaeru:20160717184120j:image
2010年に公開された「アリス・イン・ワンダーランド」の続編です。
まったく面白くなかった前作から6年振りの続編。主演のジョニー・デップの話題、時間が空きすぎた続編という要素から大方の予想どおりの大赤字。
今作では過去にとらわれたマッドハンターを救うためにアリスが時間の旅に出ます。
極彩色の映像とジョニー・デップ好きの方にオススメの一作。
 

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

7/9公開
f:id:cinemakaeru:20160717184131j:image
あの感動の帰還から20年。次の戦闘に向けて準備していたやつらが再びやってくる!
今回はウィルスミスが出ないところが残念ではありますが、本作の魅力は戦闘シーンなので問題なしですかね?
侵略からの解放をアメリカの独立記念日とかけた前作に続く名作となるのか、注目です。
 

ファインディング・ドリー

7/16公開
f:id:cinemakaeru:20160717184141j:image
ファインディング・ニモ』の続編。今回は前作でマーリンといっしょに長い旅をした忘れんぼうのドリーが主人公。
今見てもピクサー屈指の名作だった前作。また海の仲間たちとの物語を観れるだけで本当に嬉しい限りです。
 

シン・ゴジラ

7/29公開
f:id:cinemakaeru:20160717184152j:image
何度目のリブートとなるのか…正確な数はどうでもいいですが、2年振りのゴジラです。国産ゴジラは12年振り。
過去もっともデカいゴジラらしいです。それは置いといても、2年前のハリウッド版ゴジラより納得できるビジュアルのゴジラなのでかなり楽しみです。
総監督が庵野秀明、監督が樋口真嗣ということで、どんなゴジラを見せてくれるのでしょうか?
 

ジャングル・ブック

8/11公開
f:id:cinemakaeru:20160717184202j:image
ディズニーアニメーションでお馴染みの『ジャングル・ブック』が実写映画化。主人公以外をCGで作り出すという手法で見事なジャングルの動物達を表現しています。生き生きとした映像をお見逃しなく。
 
 
 
以上、5作品でした!
暑い夏は映画館に限ります!
 
ぜひ!
 
 

ブログ名変更

「これからブログ名変更の記者会見を始めます。それではシネマかえるさん。お願いいたします。」

シネマかえる「本日はブログ名変更記者発表会にお集まりいただき、誠にありがとうございます。シネマかえるです。皆さまお久しぶりです。」

記者「なんで変えるんですか?」
やんやんやー

シネマかえる「色々考えた結果です。ご理解いただければと思います。」

記者「最近記事を上げてないみたいですが?」

記者「記事も上げずにいったい何をしていたのでしょうか?」

シネマかえる「申し訳ございません。最近は忙しくてですね…」

記者「何ヶ月忙しいんですか!」
そうだそうだ

記者「そろそろ夏休みですが、ゴールデンウィークの記事はどうしたんですか?」

シネマかえる「すいません。まだ書けておりません。記事を上げるのも未定です。」

記者「なんだそれはー!」

シネマかえる「皆さま申し訳ございません。これからゆっくりと記事はあまり日を空けずにアップできればと思います。新しいブログ名は『シネマかえるは映画の夢を見る』です。皆さまよろしくお願い致します!」

ブログ開始1周年!ありがとうございます!

お世話になっております!

シネマかえるです!


本日でブログを開始1周年となりましたー!ありがとうございます!


いやーこんなに長く続くとは思ってなかったですね!これもすべてこのブログを見にきてくれた皆さまのおかげです。多少はPVもありつつといった感じではありますがそれがなければならやりませんよ。PVがゼロならやりません!いくら趣味とはいえ。そこはシビアに言ってこー(笑)

まあPVを上げるのも楽しいのでやめないですけどね。

 

ブログを始めるキッカケ

最初はB’zのライブに嫁の実家の北海道に行ったのを忘れないように記事にしたいなーと思い、ブログを始めました。一応映画ブログとは書いてありますが、雑記等の記事が多いのはその理由ですね。専門性が高いほうがいいとは思いますが、ブログを分けるつもりもないので、これでいいかと思います。


これまでの成果

総PV数

193,000PV!よくやった!

読者数

139人!ありがとうございます!

記事数

147記事!よくがんばった!


歴代人気記事

 5位 5,000PV

cinemakaeru.hatenablog.com

最近の記事ですが、順調に増やしております。新作映画の公開時期だから良かったのだろうか…

 

 4位 7,000PV

cinemakaeru.hatenablog.com

このブログの影ながら支えたくれた記事。その時期、その時期で記事を投稿してますが、ほぼ同じくらい安定的にPVを獲得してくれます。その中でもこの記事が1番多いです。


 3位 13,000PV

cinemakaeru.hatenablog.com

子供時代に何度も観たのが生きました!映画ドラえもんランキング!でもまあランキング記事は強いですね。ここから1万PV越えです!

 

 2位 40,000PV

cinemakaeru.hatenablog.com

今年1月から3月までバズってくれました!大当り記事です!ツアー初日に行ったのが良かったですね。3位に倍以上の差をすでにつけています(笑)

 

 1位 60,000PV

cinemakaeru.hatenablog.com

9月12日の投稿からずーと支えてくれました。自分の映画への知識、情熱をすべて詰め込みました。過去最高のブックマーク数、PV数を誇る当ブログの大エースです!



とまあ、こんな感じです。1位と2位でこのブログの半分の割り合いを占めているので、なんとも言えないのですよね。もっと下支えをしてやりたいと思いますね。がんばります!



お知らせ

すいません。急にですが、プロフィール画像等を変えました。

f:id:cinemakaeru:20160511191136j:image

↑ずいぶん前の記事で紹介したシネマかえるです。まあ違和感を感じるとは思いますが、これで続けていきます。

あとブログ名を変えようと思います。このブログタイトルは考えてつけてないです。思いつきをそのままタイトルにしたので、個人的に変えたいと思ってました。ので変えます。

タイトルは変えないほうがいいとネット界隈では書いてありますが、変えます。


ということで細く永く続けようと思っていますので、よろしくお願いします!



 

母の日andゴールデンウィーク最終日

本日は母の日ですね!皆さんは何かプレゼントはしましたでしょうか?私はネット世界の住人なので、色々ポチポチしてプレゼントをしました。ネットは楽です!ポチポチするだけで、遠くにいる人に届けてくれるのですから!今回からは自分の両親だけでなく、嫁の両親にも送らないと行けないので、大変助かります。プレゼントを届けに北海道には中々行けませんからね〜

入籍したので、新しい家族を大切にしたいと思います。前に会社の人に教えられた言葉がありました。「それぞれ自分の親は大切にしなくてもいいけど、相手のご両親は大切にしなさい」

まあ両方の親を大切にするべきだとは思いますが、相手のご両親を大切にするには意識してやらないとなりませんからね。うちは遠い場所にいるのでなおさらですね。こういう記念日が一年のうち何回かあるので忘れずにやりたいと思います。

嫁にも送りました!

f:id:cinemakaeru:20160508155558j:image

 

そして今日はゴールデンウィークの最終日でもあります。悲しい。俺の黄金の日々はどこに消えちまったんだ…この先は何を目標に生きていけばいいんだ…とまあ、楽しいことを想像してやっていくしかないですよねー

 

ゴールデンウィークはまずジョイポリスに行きましたね。

cinemakaeru.hatenablog.com

あと『シビル・ウォー』を観ました!

cinemakaeru.hatenablog.com

それ以外は家でコナンの映画も観たり、バック・トゥ・ザフ・ューチャーシリーズを全部観ました。

 

そして昨日は数年振りに野球を観に行きましたよー。その記事はまたそのうちアップします。

 

とまあ色々楽しみました!

またの休みまでがんばっていきましょうー!!!

 

週のお題「ゴールデンウィーク2016」

B’zファン歴15年のすべてをぶつけたオススメのB’z名曲ランキングトップ100!

 B’zファン歴15年のまだまだひよっこのシネマかえるがオススメするB’z名曲ランキングトップ100を大発表いたします!
まあ普通にB’zの好きな曲ランキングと思っていただいて構いません!
これまでのB’zの想い出とともに語ります!知らない曲、聴いたことがない曲等、たくさんあると思います!ぜひとも気になった曲は聴いてみてください!
 
では!
 

100位 有頂天

有頂天 (初回限定盤)

有頂天 (初回限定盤)

 

あいかわらずの完成度と稲葉語録。『有頂天』って歌ってかっこいいのはB’zぐらいですよ。

 
99位 孤独のRunaway -Mixture mix-
B'z The

B'z The "Mixture"

 

思春期に何度も聴いた曲。Mixture mixのほうが好みです。

 
SUPER LOVE SONG

SUPER LOVE SONG

 

 超ハードな一曲。ラストの盛り上がりがスゴいです。ドラムが素晴らしいですね。

 
97位 Don't Wanna Lie
Don't Wanna Lie(初回限定盤)(DVD付)

Don't Wanna Lie(初回限定盤)(DVD付)

 

 PVを何回も見まくりました。松本さんのギターがすごい好みです。

 
96位 泣いて 泣いて 泣きやんだら
SURVIVE

SURVIVE

 

 まんま歌謡曲(笑)なんでもできるんですね。

 
love me, I love you

love me, I love you

 

 ノリノリの一曲。個人的に稲葉歌詞の真骨頂がこれ。

 
94位 MOTEL
MOTEL

MOTEL

 

 個人的には曲調が暗すぎですが、稲葉さんのシャウトが冴え渡ります。

 
93位 傷心 
FRIENDS II

FRIENDS II

 

 稲葉さんのスゴい声が聴けます(笑)

 
92位 Survive
SURVIVE

SURVIVE

 

 メロディアスな松本さんのギターが魅力。

 
91位 VAMPIRE WOMAN
RISKY

RISKY

 

 結構遊んでいる曲と歌詞ですが、何故かクセになる。

 
90位 ねがい
ねがい

ねがい

 

帰りの電車で聴きます。ねがいを叶え!

 
89位 BE THERE
BE THERE

BE THERE

 

初期の名曲。ライブで2回も聴いてますが、意外にもライブ向きです!

 
88位 ハピネス
SURVIVE

SURVIVE

 

ハモりの部分が大好きです。本当に良い曲(笑)

 
87位 Home
シングル『HOME』の英詞版。シングルよりこっちの方が好きかな。
 
86位 愛のバクダン
愛のバクダン(初回)

愛のバクダン(初回)

 

 ライブで何度も聴いている楽曲。衝撃的なほど素晴らしいタイトルです!

 
85位 核心
B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤)

B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤)

 

風景描写が多い歌詞ですが、その雰囲気が大好きです。

 
84位 ギリギリchop
ギリギリChop

ギリギリChop

 

 おなじみの超絶ロック。声もギターもB’zならでは。

 
さよなら傷だらけの日々よ(初回限定盤)(DVD付)

さよなら傷だらけの日々よ(初回限定盤)(DVD付)

 

 曲はもちろんですが、昔のポスターみたいなジャケも気に入っています。

 
82位 GO★FIGHT★WIN
GREEN

GREEN

 

 シンプルにリスナーを鼓舞してくれる一曲。

 
81位 睡蓮
THE CIRCLE

THE CIRCLE

 

変わった曲調に歌詞。メロディーは松本さんのソロに似てるかな。

 
80位 DEEP KISS
SURVIVE

SURVIVE

 

 B’zの曲ってサビでバカみたいに高音になりますけど、これはその最たるもの。ありえねー(笑)

 
79位 銀の翼で翔べ
Brotherhood

Brotherhood

 

 ノリやすい曲ってよりはハードで難しい曲ってイメージですね。けど好き。

 
さまよえる蒼い弾丸

さまよえる蒼い弾丸

 

 独特なメロディーにこの時期の稲葉さんのかすれ気味の声がよく出た価値の高い一曲。

 
77位 命名

 

C'mon(通常盤)

C'mon(通常盤)

 

 B’zっぽくない歌詞かな?稲葉さんのソロみたい。曲はB’zそのもの。

 
76位 Endless Summer 
有頂天 (初回限定盤)

有頂天 (初回限定盤)

 

 25周年のライブのオープニング!ライブの時とはよりCD収録のほうが好きかな。

 
75位 BOYS IN TOWN
BREAK THROUGH

BREAK THROUGH

 

 この曲を聴きながら深夜の渋谷を歩いた思い出の曲。まだまだコンバーチブルは買えません(笑)

 
74位 ALONE
ALONE

ALONE

 

 言わずと知れた名曲。1回生で聴いてみたいですね。

 
73位 WAKE UP, RIGHT NOW
BIG MACHINE

BIG MACHINE

 

 疾走感のある、爽快な曲。ライブ向けではなさそうですが、結構ノリが良いですよ。

 
72位 LADY NAVIGATION
LADY NAVIGATION

LADY NAVIGATION

 

 25周年ライブで聴いたアレンジがとても良かった(笑)

 
IN THE LIFE

IN THE LIFE

 

 まるで小説を読んでいるかのような稲葉さんの歌詞に歌声。それに松本さんの泣きのギターがあれば他に何もいりません。

 
70位 New Message
B'z The Best

B'z The Best "ULTRA Treasure"

 

 キャッチーなメロディーに「トゥルルル〜」と歌う稲葉さんのハモりが耳に残ります(笑)

 
69位 儚いダイヤモンド
BIG MACHINE

BIG MACHINE

 

 

ものすごく完成度が高くてかっこいいロック。ライブのレア曲でやってほしい曲ですね。
 
68位 BUDDY
ACTION

ACTION

 

 オリジナルアルバム『ACTION』のラストナンバー。「俺たちゃおわりじゃないぜ」に熱くなりました!

 
67位 LOVE IS DEAD
The 7th Blues

The 7th Blues

 

暗黒時代の名曲。こういう雰囲気があるロックをまた作ってほしいです。

 
MY LONELY TOWN(初回限定盤)(DVD付)

MY LONELY TOWN(初回限定盤)(DVD付)

 

独特なイントロ。PVに注目がいくが、メロディーも歌詞もB’zならではなので、ぜひ聴いてほしい。

 
65位 HOT FASHION -流行過多-
RISKY

RISKY

 

言葉をこれでもかと詰め込んだ一曲。歌詞に遊びがあって聴きごたえがあります。

 
64位 それでも君には戻れない
IN THE LIFE

IN THE LIFE

 

 スピード感がとてもいいです。曲の端々にキメる場所があり、そこを抑えるととても気持ちいいですよ(笑)

 
63位 ARIGATO
ARIGATO

ARIGATO

 

 「ありがとう」でこんなロックな曲を作るのはB’zだけですよね。この曲の稲葉さんの声が好きです。

 
62位 BIG
LOOSE

LOOSE

 

 アメリカンな雰囲気。夢を思い浮かべながらこの曲を聴いていました。

 
61位 Everlasting
GREEN

GREEN

 

 B’zをそんなに知らなかった時に聴いて、いいなと思った曲です。「今日はどんなことがあったの?」という歌詞は衝撃的でした。

 
60位 赤い河
The 7th Blues

The 7th Blues

 

 壮大なメロディーと、自暴自棄な歌詞がマッチした一曲。

 
裸足の女神

裸足の女神

 

 キャッチーなメロディーですね。ラストの「ナナナナ〜」はB’zならでは!

 
58位 ONE ON ONE
ACTION

ACTION

 

 バスケのONE ON ONEにかけた歌詞。応援歌として大好きです。

 
57位 IT'S SHOWTIME!!
IT’S SHOWTIME!!

IT’S SHOWTIME!!

 

 初めてB’zにハマった曲がこれ。Mステのスーパーライブで披露した時の映像を何回も観ました!

 
56位 Warp
GREEN

GREEN

 

 詞先で制作された一曲。そのせいか、一味違った曲調に聴こえます。さわやかです。

 
55位 Black Coffee

 『EPIC DAY』収録の一曲。ダンディーな雰囲気で朝に聴くと良いですよ(笑)

 
54位 ONE
ギリギリChop

ギリギリChop

 

 劇場版コナンの主題歌の一曲。『ギリギリchop』の2nd beatですが、ギリギリより好きです。

 
今夜月の見える丘に

今夜月の見える丘に

 

 ドラマの主題歌で知っている人も多いでしょう。ギターソロはバラードですけど、結構盛り上がります。

 
52位 Queen of Madrid 
The 7th Blues

The 7th Blues

 

 すいません。歌詞の意味はよくわからないのですが、曲の雰囲気と稲葉さんの声でおつりがきます。

 
51位 月光
RUN

RUN

 

 余計な音をそぎ落とした曲。このメロディーに『月光』とタイトルをつける稲葉さん。B’zおふたりのセンスが結晶となった一曲。

 
50位 BAD COMMUNICATION
BAD COMMUNICATION

BAD COMMUNICATION

 

 初の大ヒット曲であり、初期の名曲。色々言われていますが、やっぱりカッコいい(笑)ライブで聴きたいです!

 
49位 いつかまたここで
B'z The Best “ULTRA Treasure”(3CD)

B'z The Best “ULTRA Treasure”(3CD)

 

 変わった売り方で発売されたので、知らない方もいるかとは思います。20周年のライブでの演奏は感動です。

 
48位 YOU & I 
B'z The Best “ULTRA Treasure”(3CD)

B'z The Best “ULTRA Treasure”(3CD)

 

 ファンの中でも人気が高い一曲。ロックなメロディーに稲葉さんお決まりのうじうじとした歌詞がマッチ。昨年のライブでは聴けませんでした。残念。

 
47位 オレとオマエの新しい季節
ACTION

ACTION

 

最初は歌詞の意味がわかりませんでしたが、曲が好きでした。今は歌詞も理解して両方好きになりました。「テレビ消して向き合いましょう」がとても好きな歌詞です!

 
46位 Blue Sunshine  
GREEN

GREEN

 

『GREEN』収録曲ということもあって例に漏れず、さわやかな曲調です。ドライブとかで聴くと歌詞のイメージとぴったりですよ!

 
45位 ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜
ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~

ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~

 

 ミエナイチカラって歌詞がね、なんか自分の考えてたものをそのまま言葉にしたみたいで、ズドーンとハマりました(笑)

 
44位 アラク
BIG MACHINE

BIG MACHINE

 

初めて聴いたオリジナルアルバムの一曲目がこの曲でしたので、思い出深いです(笑)パンクっぽいノリノリのロックで、B’zのオリジナルアルバムの一曲目にぴったりです!

 
43位 TIME 
B'z The Best

B'z The Best "ULTRA Treasure"

 

初期の名曲ですね。ライブで聴くと壮大な盛り上がりがとても胸に迫ります!

 
42位 Splash 
シングル『SPLASH』の英詞版です。英詞版のほうが早口がよりハマっていて超絶かっこいいです。シングル版よりも個人的には好きですね(笑)
 
41位 Crazy Rendezvous
IN THE LIFE

IN THE LIFE

 

世にも珍しい誘拐ソングです(笑)深夜のランデブー描写、心情の変化、気持ちを吐きだすラストまで素晴らしい歌詞です。深夜のドライブで聴きたい一曲です!

 
40位 F・E・A・R
Brotherhood

Brotherhood

 

稲葉さんお気に入りの一曲。マジでかっこいいです!てか稲葉さんよく歌えるな(笑)って思う曲です(笑)

 
39位 Man Of The Match

ダーティーな雰囲気からのバカボン!「これでいいのだ」の合唱はB’zライブならでは!クセになります!

 
FRIENDS

FRIENDS

 

知らない人はいないでしょう!ど定番のクリスマスソングです!稲葉さんの過去を思い出しているような苦しそうな歌声は初期の稲葉さんならでは!

 
37位 STAY GREEN 〜未熟な旅はとまらない〜
GREEN

GREEN

 

ロックというよりポップですね。ノリの良さは折り紙つきの一曲!

 
愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない

愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない

 

B’zの長い歴史の中でシングル売り上げ第1位はこの曲です!タイトルが長いのはご愛嬌(笑)

 
35位 Wonderful Opportunity
IN THE LIFE

IN THE LIFE

 

 初めて聴いたのは15周年のライブDVDでした!「B’zにもこんなポップな曲があるんだなー」と驚いたことを覚えています!『ultra soul』以前の応援歌といえばこれ!

 
34位 恋心 (KOI-GOKORO) 
B'z The Best

B'z The Best "ULTRA Treasure"

 

 圧倒的なまでに恋心を歌いきった一曲。グチっぽいし、はっきりしない登場人物ですが、そこがリアルでいい!学生時代にこんな想いをしたことは皆さんあると思います。片想い、恋をしている人はぜひ!

 
33位 drive to MY WORLD 
LOOSE

LOOSE

 

この曲の雰囲気が大好きです(笑)収録アルバムのアメリカンで壮大な曲調を一曲で見事に体現!この曲を聴きながら世界一周したいなと思ってました(笑)

 
32位 ZERO
ZERO

ZERO

 

 「B’zといえばどの曲?」と聞かれたら私はこの曲を推薦します!この曲からB’zのロックの歴史は始まったと言っても過言ではない!サビのハマり具合は完璧と言うほかないのではないでしょうか!

 
31位 ROOTS
BIG MACHINE

BIG MACHINE

 

知名度はおそらく全くないと思いますが、これは素晴らしいです(笑)哲学的は歌詞で、わかりにくい箇所はあります。しかし目を閉じて聴くと大自然のイメージが脳裏に浮かびます。名曲!

 
30位 NO EXCUSE

ノリノリの曲!2015年のアルバム収録ということで最近の曲ですが、まだこんなポップな曲も作れるのかと嬉しくなりました!どんなビートでもB’zっぽくなるのは熟練の技ですね!

 
ultra soul

ultra soul

 

もう言わずと知れたB’zの超代表曲です!今さら説明は不要と思いますが、ライブでの盛り上がりは異常です(笑)

 
28位 イチブトゼンブ
イチブトゼンブ/DIVE

イチブトゼンブ/DIVE

 

最近のヒット曲ってイメージですが、2009年発売とそんなに新しくないことに驚き(笑)歌詞は少し伝えにくいことを言っているのですが、卓越した言葉選びで、稲葉さんならではの表現をしています。

 
27位 さよならなんかは言わせない
RUN

RUN

 

大学の卒業式ソングですね(笑)自分ではそう思っていますが、卒業式に限定せずに旅立ちの時に聴いてほしいですね!

 
26位 DIVE
イチブトゼンブ/DIVE

イチブトゼンブ/DIVE

 

初めてのライブの一曲目がこの曲でした!観客が歌う箇所が多数あり、最初は乗り切れませんでした(笑)いい思い出!

 
25位 眩しいサイン
BIG MACHINE

BIG MACHINE

 

若々しいというか懐メロって感じがスゴくします。サビの歌詞が思春期の自分の心を打ちました!

 
24位 Baby, you're my home
RUN

RUN

 

多少歌詞の意味について不明な点がありますが、夜空を見上げながら歌っているような雰囲気が大好きな曲。2015年のライブで聴けたのは本当にレアでした!

 
23位 アマリニモ

切なすぎる歌詞がとても大好きな曲です!「何処でもいいから何処かへ」なんて歌詞を誰が思いつくのでしょうか!

 
22位 WILD LIFE
IN THE LIFE

IN THE LIFE

 

初期のポップな雰囲気が漂う一曲ですが、それでいてロック!AメロとBメロのノリは素晴らしいですね!

 
21位 Las Vegas

「Las Vegas」というタイトルながら、最初に歌うのは寂れた商店街(笑)そのギャップが面白い歌詞です!B’zの様々な要素が詰まった一曲!

 
20位 あいかわらずなボクら
IN THE LIFE

IN THE LIFE

 

25周年のライブでキャンプファイアをしながら歌ってました!これがB’zの目標というかやりたいことを歌った曲だと思います!

 
19位 hole in my heart
B'z The

B'z The "Mixture"

 

稲葉さんお馴染みの女性のグチソングです。個人的にはスピード違反のドラムに惚れ惚れします。初期の言葉を詰め込む形式に曲調をもっと激しくした曲!

 
18位 HEAT
B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤)

B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤)

 

B’z初の楽曲提供曲の今作。セルフカバーということになりますが、やっぱり本人が演奏したほうがいいです(笑)昔のB’z風のノリというか雰囲気を感じる曲ですね!

 
17位 BLOWIN’
BLOWIN’

BLOWIN’

 

 とりあえずサビのノリの良さには感動です!カラオケでは必ず歌いますが、全く息が続きません(笑)

 
16位 GOLD

 

GOLD

GOLD

 

シングル曲ですがイメージがあまりなかったです。ベストアルバムを買った時はほとんど聴きませんでしたが、25周年のライブで聴いてからはハマりました!その時の記憶も含めて大切な曲です!

 
15位 Into Free -Dangan-
シングル『さまよえる蒼い弾丸』の英詞バージョンですが、個人的にはシングルよりもこちらの方が好きですね(笑)曲調がより電子音になっています。ライブの終盤の盛り上がりで聴きたいですね!
 
B'z The Best XXV 1999-2012(初回限定盤)

B'z The Best XXV 1999-2012(初回限定盤)

 

歌詞が本当に素晴らしいですね。軽い感じの曲調ですが、しっかりとしたメッセージがあります。ユートピアに向かう人たちへの稲葉さんからのメッセージって感じですかね。

 
LOVE PHANTOM

LOVE PHANTOM

 

知らない人はいないB’zの超大ヒット曲であり、圧倒的な完成度を誇る一曲です!初めて聴いた時は衝撃的でした!

 
12位 Calling

 

Calling

Calling

 

B’zのことを歌った一曲。サビが2つあるような構成はとても珍しいですが、どちらのサビも素晴らしいです。豪華な一曲!

 
11位 Brotherhood
Brotherhood

Brotherhood

 

B’zのファン投票1位の楽曲。B’zとファンとの絆を歌った曲ですね。どんなに苦しいときにもこの曲を聴けばがんばれます。B’zがいれば(笑)

 
10位 OCEAN
OCEAN

OCEAN

 

思春期思い出の曲です。美しく壮大な一曲!ライブで1度聴いたことがありますが、生で聴いて1番感動したのがこの曲でした!もう1番ライブで聴きたいです!

 
熱き鼓動の果て

熱き鼓動の果て

 

初めて聴いたB’zの曲が『熱き鼓動の果て』でした!眠れなくて深夜のテレビをつけたら特集でこの曲のPVが流れていました!最初から前回の稲葉さんの高音が心地よいです!

 
8位 光芒
ACTION

ACTION

 

この曲は大サビがすべてですね!前向きな歌詞に稲葉さんの超音域、とんでもないパワーを感じます!聴いてないことがない人はぜひ聴いていただきたい一曲です!

 
7位 C'mon
C'mon(初回限定盤)(DVD付)

C'mon(初回限定盤)(DVD付)

 

曲と歌詞ともに素晴らしいのは当然ですが、2011年に向けたメッセージとして、これ以上のものはないのではないでしょうか。

『C'mon』ツアーの本編ラストで生で聴きました。あの時の稲葉さんは一生忘れません。
 
6位 The Wild Wind
B'z The

B'z The "Mixture"

 

曲の雰囲気は1番好きといって過言ではないでしょう。メロディーから稲葉さんの歌声…特に歌い出しの稲葉さんの歌声はもっとも素晴らしい好きです!

 
BURN -フメツノフェイス-

BURN -フメツノフェイス-

 

一言…かっこいい!!!サビの「フ・メ・ツ・ノ・フェイス!」は最高です!これを完璧に歌えたら、とどんなに憧れたか!昨年のライブで生で聴けてかっこよかったです!

 
4位 グローリーデイズ
B'z The Best

B'z The Best "ULTRA Treasure"

 

B’zの曲を聴いて何度も泣いてしまう曲が一曲だけあります。それが『グローリーデイズ』です!最初の音が鳴ったときから最後の音が終わるまで感動で涙腺が緩みっぱなしです。特にAメロの最後「こんな僕に がまん強く つきあってくれたよね(Thank You)」の部分はすべての歌詞で1番好きな部分です!

 

3位 Pleasure 2013 〜人生の快楽〜

いくつものバージョン(91、95、98、2000、2003、2008、2013)がある本作。その中でも最新の2013がもっとも好きです。従来の歌詞「自分は間違ってない」から「自分にはこれしかない」に変わっていて、稲葉さんの色々な想いを感じて大好きです!

それ以外にも毎回歌詞が変わっていきますが、年を重ねていくと歌詞の意味がわかっていきます。まだ最初の歌詞も経験してないので、まだまだひよっこですね(笑)
 
2位 RUN
RUN

RUN

 

B’zのことを歌った曲。特にAメロの歌詞はそのまんまB’zのことです!このパートを2人で演奏していた20周年のライブのDVDは本当に感動的です!

25周年のライブで生で聴きましたが「生きるなら」の稲葉さんの声がとんでもない大きく、全身に響きました!
 
1位 Don't Leave Me
Don’t Leave Me

Don’t Leave Me

 

松本さん作曲のブルース調の曲に、稲葉さんお得意の女性への未練を歌った歌詞がこの楽曲を形成、見事な失恋ソングとなっております。なんでこの曲が失恋ソングとして話題にならないのか不思議です!

だが楽曲の完成度の高さだけがこの楽曲魅力ではありません!真骨頂はライブ演奏です!CDには収録されてない終盤の連続シャウトは圧巻です!
私がB’zにどハマりしたのが、『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』のDVDに収録されているこの曲に心を奪われました!後に喉の手術をするほど絶不調の稲葉さんの叫び!圧倒されました!ぜひ一度!一度でいいので、ライブでこの曲を聴いてみたいです!
その映像が収録されているCD↓
B'z The Best “Ultra Pleasure”(2CD+DVD)

B'z The Best “Ultra Pleasure”(2CD+DVD)

 

 

 
以上です!
少々長い記事になってしまったですが、書き足りないぐらいです!順位をつけるのは非常に迷いましたが楽しかったです!どちらかというと、下位の順位の方が迷いましたね。
ぜひとも気になった曲を聴いていただけると幸いです!
 
 

 

B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤)

B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤)

 

 

B'z The Best XXV 1999-2012(初回限定盤)

B'z The Best XXV 1999-2012(初回限定盤)