シネマかえるは映画の夢を見る

映画情報、B'z、アニメ、その他雑記を主に発信しております。

シンデレラ/アナと雪の女王やマレフィセントから続くレディゴーシリーズ最新作

最近、ディズニー映画しか観てないシネマかえるです。

ティズニーアニメ実写化路線の真打ち(と勝手に思っております)シンデレラをネタバレありで、語っていきたいと思います。


ゲロゲロ


f:id:cinemakaeru:20150518223100j:image


は〜もう40億円いったんですか。大入りですね。

まあ、まず点数を…


シンデレラ…70点


同時上映のアナ雪は…


アナと雪の女王 エルサのサプライズ…70点


まず、エルサのサプライズからいきます。

結論から言えば、とても楽しめました。

短編ということもあり、上映時間が7分。曲は一曲しかありませんでしたが、アナやエルサ、オラフといったキャラクターがまた見れて、大満足です。

ずっと殻に閉じこもっていたエルサがアナの誕生日の為にサプライズを仕掛けるというストーリー、いいですね。やはり、アナ雪はエルサが主役ですね!文句は特にありません。

個人的には、エルサのくしゃみで生まれたスノーギース(小さな雪だるま)をエルサがじーっと見るところがオススメポイントです。アナとエルサが城に帰ってきたところ!

不満はエルサの衣装が変わらずに青いドレスだったことです。違う洋服を着ているところを見たかったなー。制作時間がなかったのかな?

アナと雪の女王を観ていたらオススメです!



続いてシンデレラ。

アリス・イン・ワンダーランドから始まったディズニーアニメの実写化。今後、ピーターパンや美女と野獣など7作品も予定されているそうです。

シネマかえるはアリス・イン・ワンダーランドマレフィセントを劇場で鑑賞済みです。


今回実写版のシンデレラを鑑賞するにあたって、注目した箇所が2つあります。

一つ目はアニメ版のシンデレラのストーリーを変えているか、否か

二つ目はシンデレラ役の女優をシンデレラとして納得できるか、否か


順番に見ていきましょう。

一つ目のアニメ版のストーリーを変えているか…ですが、ぶっちゃけ変えてるか変えてないかは問題じゃなくて、変えたなら恐らく変えた部分が伝えたいことだと思うんですよね。

例えば、アリス・イン・ワンダーランド不思議の国のアリス鏡の国のアリスを原作に6才だったアリスを19才に変更し、不思議体験から戦いを通して過去との決別と未来への決意を表しているのです。そこがアリス・イン・ワンダーランドの肝となってるので、やはりそこはチェックしないと。


では、シンデレラではどうだったか…

ストーリーについてはアニメからの変更はありませんでしたね。おそらく前半部分がプラスされているぐらいですかね、両親との出来事、まま母がやってくる箇所が。ストーリーを変えなかったのは良いか悪いかを置いておいて、とても勇気があることだと思います。

特に変更点はなし、ということはほぼアニメと言いたいことは同じということですね。それじゃ、アニメでいいじゃんとなるのですが、二つ目のポイントがこの作品の意義なんですね。


物語が進んでいくにつれ、アニメのシンデレラをそのままやってることを確信(予告編でなんとなく分かってましたが)。ですので、やつが出てくるのが楽しみで、楽しみで(笑)ストーリーの前半をしっかり描いたのは感情移入しやすかく、良かった面もありますが、ちょっと長かった…しかし、やつが出てきた後の解放感!はい。やつとはフェアリー・ゴッドマザーです(笑)シンデレラのドレスが変わるシーン。アニメ版と同じく、青いドレス!変更シーンを観れただけで、1800円払う価値があります!美しい!前半長いが、この為なら仕方ない!素晴らしい!

その後の舞踏会のシーン。青いドレスが光ります。すごく輝いています!何度も言います!フェアリー・ゴッドマザーが出てから舞踏会シーンまでで、もう大満足です!以上!

まあシンデレラのお父さんがわざわざ問題を持ち込んで、旅先で死んでしまうという迷惑をかける流れを丁寧にやられるとイライラします。まま母可哀想。

あとラストにまま母がシンデレラを閉じ込めて、シンデレラを探している軍隊に見つからないようにするのですが、もうちょいしっかり閉じ込めようよ。窓とかね。あと、その前に殺してもいい?的なセリフを言っていたので、来る前に殺そうとするのかー!→何もしない。何だ?そのセリフとかいらない。繰り返すが、窓は開かないようにしろ。

ストーリーで突っ込みたいのはそのくらいです。


二つ目ですが、シンデレラ役の女優を納得できるかどうか。ストーリーがアニメ版とほぼ同じなので、シンデレラ役がかなり重要!てか役が合わなかったら、他が良くても失敗作です。逆に成功していると成功作であり、この作品(実写化をした)意義なんですね。

結論としてシンデレラ役のリリー・ジェームズさん、ありだと思いました。確かなのはイントゥ・ザ・ウッズのシンデレラよりかは良かったと思います。やはり、美しい王女様ができるだけではダメなんですね〜、召使いっぽくなくてはならないんです。そういう意味では正解でした。

また、王子様も良かったです。リチャード・マッデンさん。カッコよかったです!


タイトルにも書きましたが、物語はアナと雪の女王マレフィセントから続く、レディゴーものの続編ですね。『王女ではない私を受け入れてくれるかしら(レディゴー!)』という訳ですね。不安なシンデレラ、受け入れてくれる王様。見事なハッピーエンド!はい、オッケー!ディズニー観てるって感じですね(笑)

純粋にシンデレラを観れます。とても楽しめます。オススメです。以上!





100PV達成致しました。1週間での達成です。まだまだ少ない数字ですが、とても励みになりました。

皆様ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。


ゲロゲロ!


押していただいたら幸いです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2015.5.19