読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマかえるは映画の夢を見る

映画情報、B'z、アニメ、その他雑記を主に発信しております。

【アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン公開記念】第9弾!キャプテン・アメリカ / ウインター・ソルジャー

アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン公開記念!アベンジャーズシリーズ一気見企画!「アベンジャーズ10番勝負」
 
第9弾!!!キャプテン・アメリカ / ウインター・ソルジャー!!!
 
f:id:cinemakaeru:20150623185141j:image
 
過去のレビューはこちら↓

cinemakaeru.hatenablog.com

cinemakaeru.hatenablog.com

cinemakaeru.hatenablog.com

cinemakaeru.hatenablog.com

cinemakaeru.hatenablog.com

cinemakaeru.hatenablog.com

 
ネタバレあり!
 
 
 
 
 
 
 
【あらすじ】
 
アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカクリス・エヴァンス)は、(シールド)の一員として活動していた。ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)を世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バ座れたよーーンズ(セバスチャン・スタン)で……シネマトゥデイより
 
 
【点数】
 
 
 
 
 
75点!!!
 
 
 
 
 
【感想】
 
とうとう最後になりました!
長かった(笑)嬉しい!
 
これで心おきなく、映画館に行くことができます(笑)
 
 
で、最後に扱う作品は「ウインター・ソルジャー」!
はい。「ウインター・ソルジャー」ですが、続編もの(アイアンマン2・3、マイティ・ソー2)の中では断トツに面白かったです。
 
これ単体でも楽しめますが、やはり前作の「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アドベンチャー」と「アベンジャーズ」は観ておいたほうがいいと思います。
 
今度の話はニューヨークでのアベンジャーズでの戦いの後、S.H.I.E.L.D.で働き始めたキャプテン・アメリカの話です。ノートを手にして、健気に現代の勉強!そう考えるとアベンジャーズのキャプテン・アメリカはめっちゃ理解度高かったんですね〜。それか途中までジョークに思ってた(笑)
 
その後、フューリー長官からS.H.I.E.L.D.の新システム「インサイト計画」について知らされます。どうやらスパイ衛星で敵の位置を特定し、空飛ぶ巨大空母から攻撃するものらしいです。つまり、世界中にいるテロリストを空から攻撃できるものですね。
キャプテン・アメリカはそのシステムに反対し、フューリー長官も疑っているうちにS.H.I.E.L.D.の敵として命を狙われてしまう……というストーリーですね。
 
結構、政治的な映画のようです。
事件が起こる前に対処する。そうすれば、自国民は誰も犠牲にならずにすむ。しかし、潜在的には誰もが国家の敵になる可能性を秘めている。
 
インサイト計画」はずいぶん前にトム・クルーズ主演、スティーブン・スピルバーグ監督で製作された「マイノリティ・リポート」を思い出します。
 
アメリカの敵は誰なのか?
自らの中に敵がいるのか?
 
ものすごくグレーなこの問題。誰もが敵になるということをアメリカの良心であるキャプテン・アメリカが葛藤する……という展開にはならないんですよね。
 
問題はグレーゾーンに色をつけたこと。
今回登場するS.H.I.E.L.D.のトップがロバート・レッドフォード演じるロジャース。それが今回の黒幕です。ロジャースは1作目「ザ・ファースト・アドベンチャー」の敵、「ヒドラ」の意思を継ぐ者。ロジャース以外にも意思を継ぐ者はたくさんいて、世界の中枢に入り込んでいるらしい。
 
つまり、新システムは敵が作り出したものなんですね。
ってことは、新システム=悪となります
それでは、新システムについての是非を問う内容にはならない…
 
敵を知る前にキャプテン・アメリカは新システムを反対していましたが、きっと賛成の人もいるかもしれない。それによるキャプテン・アメリカの葛藤があれば、クリストファー・ノーランのようなドS心を揺さぶられる作品になったのに。
紛れもなくいい素材を使っていながら、風味程度に抑えてしまい、娯楽映画の枠に入ったままであること。好みはあると思いますが、その位出来そうな映画だったので、勿体無いな〜。
 
敵であるウインター・ソルジャーはキャプテン・アメリカの親友であるバッキー。前作で死んだことになっていましたが、人体実験をされていたようで生き残っていたみたいです。記憶を無くした彼はずっと相手の手先となり、殺人を行っていたようです。
この「ウインター・ソルジャー」という言葉ですが、ベトナム帰還兵の集会の名前が「ウインター・ソルジャー」というらしいですね。
 
政治的な映画ということを置いておけば、単純に娯楽映画としては傑作だと思います。黒幕は(意味とかを置いておけば)純粋に驚きました(笑)し、アクションシーンは前作より数段アップしていました。
盾は守るだけじゃない!攻撃こそ、最大の防御!といった具合に盾をぶん投げていました(笑)クリス・エヴァンスとセバスチャン・スタンの一対一の対決は本当に見ものです!2人に拍手!
 
 
 
 
 
【まとめ】

娯楽映画としては、大満足です。
その他の部分はまー置いとこうと、思えるぐらい楽しかったです!
 
そして、今作でやっとマーベルのフルコースが出揃ったって感じですね。
アイアンマン、マイティ・ソーキャプテン・アメリカ…三者三様のアクションの完成系が「ウインター・ソルジャー」で揃いましたね。
それぞれの好みを選んでください。
欲張りな方はアベンジャーズをどうぞー

ということで、アベンジャーズの新作、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の予習もバッチリです!
10番勝負のまとめもしたいと思います。

終わったー!


ゲロゲロ
 
 

押していただいたら幸いです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2015.6.26