読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマかえるは映画の夢を見る

映画情報、B'z、アニメ、その他雑記を主に発信しております。

映像業界で残業という概念がない世界にいた話

新卒で契約社員として入社した会社は映像制作をしている会社ですね。局の下請けです。ADとして働いておりました。

それはそれは大変な(ヒドい)環境でした(笑)
その一部を紹介いたします。映像業界で働きたい人などは見てってください
 
では!
 
残業という概念がない
『下ネタという概念がない退屈な世界』というアニメがありましたが、「下ネタ」を「残業」に変えれば、はい出来上がりです(笑)
つまりね、残業じゃないんですよ。残業という概念がないから。残業ではなく、その会社内が家みたいな(笑)会社が家でその家にルームシェアしてる、そんな感覚。正直気持ち悪いです。本当に。
リアルな家なんて正直、ベッドがあればこと足ります。荷物置き場でも大丈夫です。横になれればいいのですから。
 
土日を休みだと考えるな
はいそんなの当たり前です(笑)
会議は入るし、ロケもあります。やることは24時間とめどないのですから。
ちなみに入社してから2ヶ月は休みはありませんでしたよ。その間にゴールデンウィークがあったみたいですけど、私の周りにはなかったです。あれですね、大人になったらサンタさんが来なくなるみたいなことですかね?今はしっかりとゴールデンウィークがあります。それは子供になったってことですかね?オトナの尺度は受け入れ難いです(笑)
 
 
コンビニの店員と仲良くなる
基本的に食生活が崩壊します。食べる時間帯、食べるもの…全てが荒れ果てた荒野のようになります。出費と健康の為に自炊しようなんて危ないことは考えないことです。自炊なんてしていたら身体壊しちゃうよ(笑)の世界です。そんな無理はできません。アブナイデス。
そこで登場のコンビニさんです!お昼、夜、深夜、時々朝にコンビニに行っていたらシフトが大体わかります。そして自然と仲よくなります。少し話すだけで、一定の浄化効果はあると思います(笑)店員さんありがとう!
 
 
逃げ込む場所を探す
やはり、24時間家にいると人間関係に疲れますよね。そうなるとやはり人がいない空間を求めます。例えば大きいビルに入ってたらトイレの個室ですかね?働いていた家はトイレが少なかったので逃げられませんでした(笑)自分は外階段、人がいない別館のベランダ、人はいますが、コンビニ…でしたかね。とりあえず、家の中の人と離れたかったです。しかし、便利な携帯という悪魔が僕を地獄へ文字通り呼びます(笑)最悪です。鳴っても無視して気持ちの整理がついた後に携帯をかけていました(笑)
あと別館のベランダに良くいましたが、階が高いのでいつも、落ちたらどうなるかなーと思ってました。悪魔はどこにでもいますね(笑)
 
 
以上です。
ちょっと思い出して書いてみました。あの頃よりツラかったことはないです。イヤなことは…どこ行っても変わりません!
 
では!
ケロケロ!
 
2015.10.15