シネマかえるは映画の夢を見る

映画情報、B'z、アニメ、その他雑記を主に発信しております。

オススメのドラえもん映画ランキング トップ10

昨日の記事↓

cinemakaeru.hatenablog.com

ドラえもんの映画に関する記事を書いてたので、その続き的な立ち位置で読んでくださると幸いです。

昔はもの凄いドラえもんを観まくっていまして、結構懐かしくなってしまったので、大長編ドラえもんのランキングを作りました。

是非読んでいってください!

 

 

では早速ランキングにいってみましょう!ケロケロ!

 
 
10位 ドラえもん のび太と銀河超特急
f:id:cinemakaeru:20151017110315j:image
ドラえもん映画の中からすると新しめのイメージですが、来年で公開から20年!マジかよ〜
 
今作は「ドリーマーズランド」に限ります!
 
みんな行きたくありませんか?
ドリーマーズランドかディズニーランドか迷うレベル(笑)
 
修行すると忍者になれたり、ガンマンになれたり。子供の夢を本当に叶えてくれます。女の子はお姫様になれるけど、しっかりと現実的なオチをつけてくれるところがまた、ドラえもんらしくていい!
 
しかも、そこに行くまで宇宙を移動する列車でいくんだから、めっちゃ豪華(笑)乗ってるやつ裕福やな(笑)
その列車が素晴らしい!乗りたい!
 
その列車にのるだけで十分楽しいです。ゲームとかついてるし(笑)
 
その楽しい列車内で「オリエント急行殺人事件」しかり、色々な事件に巻き込まれたりしますが、ホラーというよりも不気味です。その部分はさほど好きではありませんでしたが…
 
それとラストで敵を倒すのび太
正直のび太にしてはカッコよすぎではありませんか!!!

 
 
f:id:cinemakaeru:20151017110327j:image
 昨日の記事に書きましたが、めっちゃ怖い作品です!
 本当に食事シーンとかもうありえません(笑)
 
今作はドラえもん映画として初めて、初期からずっと脚本を担当していた原作者の藤子・F・不二雄が脚本を担当していない作品になっております。
その年が体調不良らしく、この作品のみ漫画版の大長編ドラえもんが出ていません。
 
タイトルにもあるようにベースは「西遊記」で、序盤に西遊記の劇をやるのですが、やっぱりのび太のように孫悟空役をやりたいよな~と思ったり(笑)
あと、映画では久しぶりにドラミちゃんが登場いたします。若干、便利に使われている感はありますが、豪華でそれはそれでいいです。
 
どちらかと夢や希望をかなえるといったタイプの作品ではなく、ただただホラーと気持ち悪い要素が詰まっています。キツイですが、これが大長編ドラえもんです。
 

 
 
8位 ドラえもん のび太とアニマル惑星
f:id:cinemakaeru:20151017110410j:image
 
神話的な要素が強い作品。
これ好き!といった感じではないですが、何回も観ている(2番目ぐらいかな?)ので、思い出深いです。
 
前作は「日本誕生」で、次作が「ドラビアンナイト」なのですが、今作が「ドラビアンナイト」の後のイメージが大変強いです。なんでだろう?
 
劇中で伝説?童話を語るシーン、その伝説に関連したお祭りがあって、その伝説が後のオチに続いていくあたりは見事だと思いました。
この作品ぐらいから、社会批判?環境破壊みたいなのがテーマとしてあるので、そのテーマの先駆けとして一見の価値があるのかなと思います。
 
「宇宙開拓史」の動物版みたいなイメージです。楽しいです!
あと、耳をつけているドラえもんが違和感ありまくりです(笑)
 

 
 
f:id:cinemakaeru:20151017110423j:image
 出ました!「ドラビアンナイト」!
「パラレル西遊記」「日本誕生」そして「ドラビアンナイト」の三作品は大長編ドラえもん中期の中でもレベルが高い三部作と勝手に思っております。
 
この作品はアラビアンのイメージ…砂漠のイメージを決定付けた作品ですね。砂漠は暑くて、食べ物も水もなくて、砂嵐が恐ろしい…それは頭では考えることはできますが、実際にこれだと決定付けたのは「ドラビアンナイト」だったですね。あくまで自分の場合は…
 
あと、敵が悪いやつだな~と思いました。ドラえもん達をだまして、船で寝ている4人を海に放りだすなんて、イヤなやつですよね!人間って信用できないと子どもながらに思いました(笑)
 
脚本ではひとつだけ不満があって。本の中に入ったままのしずかちゃんが過去のアラビアの世界にいるって設定はどうなのかな?とは思いますが、それはまあいいでしょう。

 
 
6位 ドラえもん のび太の宇宙小戦争
f:id:cinemakaeru:20151017113401j:image
スターウォーズを思いっきりイメージ(というか乗っかった)作品。タイトルにそのまんまスターウォーズってありますしね(笑)
007シリーズがSFブームの当時、ジェームズ・ボンドが宇宙に行く『007 ムーンレイカー』を作ったように、ドラえもんは「小宇宙戦争」を作ったって訳ですね。
 
ドラえもんって便利過ぎるひみつ道具をどう使えなくするのか、だったりドラえもんを離脱させるのかの制限をつけるのが大長編の特徴ですが、単純にドラえもん達を小さくしちゃうってのが面白いアイデアですね。
 
あと戦闘シーンはスターウォーズ好きの心をくつぐる、すばらしいスペース戦闘が見られます。強化した戦車で戦うのがカッコいいんだ。
 
ラストはまんまガリバーです。武田鉄也の「少年期」にのせて、ドラえもん達5人が「ガリバー旅行記」をモチーフにしたエンドロールが最高です。

 
 
f:id:cinemakaeru:20151017110510j:image
これもまた夢がある(笑)
ロボット、戦闘、女の子…もう男の子が大好きな要素をこれでもかと詰め込んだ作品。
 
最初の巨大ロボットの材料が送られてきて、作るところにわくわく。
巨大ロボットを動かすために、誰もいない鏡の世界(すべてが反転している世界)にいき、操縦するところにまたわくわく(笑)
その後、出てくるキレイな女の子リルルにドキドキ。
その後の空気砲などなどのドラえもんの戦う要素がある道具をフル活用した、大長編ドラえもん屈指の戦闘シーンにほれぼれ。
ラストのリリィの運命に「海底鬼岩城」に勝るとも劣らない感動的なシーンに涙。
 
もう最高の一作です!!!
 
誰もいない世界で、仲間たちだけで空き地でバーベキューをするシーンは忘れられないです!

 
 
4位 ドラえもん のび太と雲の王国
f:id:cinemakaeru:20151017110531j:image
ラピュタか!とか一瞬思ったりしますが、本当に雲の上に王国があるというドラえもんならではの世界にテンションがあがります。雲の上で昼寝ができるなんてよく考えつきますよね~
 
ドラえもんの映画の中でもっとも観たであろう作品は今作だと思います。
よくバスツアーとかで、映画を流すじゃないですか。その時必ず流れていたのが、「雲の王国」でした!
 
物語としては、ドラえもん映画史上もっとも直接的に環境破壊による人間の罪を断罪している内容です。それによって、大雨を降らせて文明を破壊しようとするかなり過激な内容ですが、それを救うのが、ドラえもんの勇気と原作とアニメで登場していた「キー坊」。映画の後半で観ている人が知らないかもしれないキャラを出すのは、リスキーですが、これはまあいいのかな?子どもに観てほしい内容だと一番かもしれません。

 

いよいよトップ3!!!

 
 
3位 ドラえもん のび太の魔界大冒険
f:id:cinemakaeru:20151017110601j:image
これはね、よく出来てる!!
もしもボックス大活躍の作品です!
 
魔法があればなんでもできるなんて、誰もが想像することだけど、もしも魔法が使える世界になっても魔法の絨毯を使うには免許がいるし、絨毯高いし、のび太はやっぱりダメダメだし…いいことばかりではないことをしっかり教えてくれる作品です。
それに魔法世界では、科学が迷信って面白い設定ですよね。
 
その中で強力な魔族との戦い。石ころ帽子もきかないような相手との戦いは熾烈です。 
途中で石になっちゃうドラえもんのび太は一生忘れられないと思います。追ってくるメデューサは本当に怖かった。
 
ラストはドラミちゃんが映画初登場!
結構怖い作品ですが、本当に面白いです。ドラえもん映画を観たことない人にはまずこれを推すと思います。

 
 
2位 ドラえもん のび太の海底鬼岩城
f:id:cinemakaeru:20151017110613j:image
 
こえーよ こえーよ
本当にこの作品と次作の「魔界大冒険」、「パラレル西遊記」は本当に怖いよ~
 
夏休み海か山かという小学生らしい問題に「海底の中には両方ある」と度肝を抜かれる回答をしてみせるドラえもんにうっとりし、楽しい海底旅行の合間にバミューダ・トライアングルになぞられたホラーシーンを入れるという、見事な構成で観客を飽きさせず、その横でしっかりとはぐくんでいたしずかちゃんと水中バギーとの恋愛にも似た友情が見事に発揮されるラスト。
 
大長編ドラえもんとはこれだ!!!と言わしめる見事な一作になっております。
海底鬼岩城の恐ろしさ、バミューダトライアングルの謎など本当に恐ろしいシーンは多いですが、見て損はない一作!
 
 

 
 
1位 ドラえもん のび太の日本誕生
f:id:cinemakaeru:20151017110622j:image
 
はい!!
栄えある1位に輝いたのは「日本誕生」です!
 
やっぱりね子どものころの思い出は強い(笑)正直完成度では「海底鬼岩城」や「魔界大冒険」のほうが高いと思いますが、両者とも怖いよ(笑)こどもの時の自分には若干ハードだったんだよ(笑)好きだけど…
 
それに比べ、「日本誕生」はバランスがとてもよくとれています。若干ラストが散漫なイメージはありますが、土地がないから過去に行こう!そして誰もいない広大な大地で生活を始めてしまうなんて、夢があるじゃないですか!
他にも、栽培したカブの中にはカツ丼やスパゲッティーが出てきたり、のび太がオリジナルでドラゴンやペガサスをペットで作るなんて、どれも最高です!!!
 
あと、助けた過去の日本の民族の人に動物のお肉をごちそうになるシーンがありますが、あの肉どこの部位だよ!!!すんげーうまそうだよ!!!
 
 
などなど、思い出深いシーン多数の「日本誕生」が一位です!!!
 
来年、2016年公開のドラえもん映画の新作は「日本誕生」のリメイクをやるそうじゃないですか!
観にいくかは未定ですが、ちょっと気になります(笑)
 
 
 
以上です!
いかがでしたでしょうか?
 
あくまで自分の意見ですので、あしからず…
 
気になる作品がありましたら、90分ぐらいでそんなに長くないので、観てみてくださいね。
 
ではまた!ケロケロ!
2015.10.23