シネマかえるは映画の夢を見る

映画情報、B'z、アニメ、その他雑記を主に発信しております。

今週末公開の映画をご紹介!『2015年10月第5週』

今週末、2015年10月第5週に公開予定の映画を紹介いたします!
 
今週公開の作品からシネマかえるが選んだ作品はこちらの3作品です!!!
 
 
・PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~
f:id:cinemakaeru:20151022210205j:image
【あらすじ】
ロンドンの児童養護施設で生活している少年ピーター(リーヴァイ・ミラー)は、ある日生き別れた母(アマンダ・セイフライド)が残した手紙を見つける。その後、冷酷な海賊・黒ひげ(ヒュー・ジャックマン)が立ちふさがる異世界ネバーランドにたどり着く。そしてピーターは、若いころのフック船長(ギャレット・ヘドランド)や女戦士タイガー・リリー(ルーニー・マーラ)と出会い……。
シネマトゥデイ(外部リンク)
 
ディズニーのアニメ実写化の最新作ですね。昨年の『マレフィセント』今年の『シンデレラ』に続いて、またもや有名作品の『ピーターパン』を持ってきました!
内容は『シンデレラ』とは違い、原作をそのまま実写化するのではなく、どちらかと言えば『マレフィセント』のようにアレンジを加えた作品になるようです。
言わば、ピーターパンになるまでの話!フック船長も登場しますが、若いです!
そして、今回の悪役は『X-MEN』シリーズでおなじみのヒュー・ジャックマンです!結構、ビジュアルが怖いです!
お金をかけた分、映像はスゴイです!ぜひ!
 
【スタッフ・キャスト】
スタッフ
監督
製作
グレッグ・バーランティ
サラ・シェクター
ポール・ウェブスター
製作総指揮
ティム・ルイス
脚本
ジェイソン・フックス
 
キャスト
リーバイ・ミラー
 
 
・犬に名前をつける日
f:id:cinemakaeru:20151022210309j:image
【あらすじ】
愛犬のナツが病気で他界し、深い悲しみに沈んでいたテレビディレクターの久野かなみ(小林聡美)。先輩の映画監督に進言されて、彼女は犬の命を見つめた作品を撮ることに。東日本大震災によって未曽有の事故を起こした福島第一原子力発電所の20キロ圏内をさまよっていたところを保護された犬たちのシェルター、多くの犬が送られる動物保護センターの様子を目の当たりにして言葉を失う。さらに犬の保護に奔走する人々と出会って感銘を受けたかなみは、自分でもできることを始めてみようとある行動に出る。
シネマトゥデイ(外部リンク)
 
すべては海になる』の山田あかね監督が、「犬の命」をテーマにしたドキュメンタリーを制作したのが本作。動物愛護センターから犬や猫を救い出している人たちや、東日本大震災で置き去りにされた動物を保護している人たちの活動を4年にわたっておいかけ、200時間を超える映像を撮影。その映像とドキュメンタリーを撮影するドラマを交互にやる構成です!犬を愛する人は必見です!
 
 
【スタッフ・キャスト】
スタッフ
監督
山田あかね
脚本
山田あかね
プロデューサー
山田あかね
音楽
主題歌
 
キャスト
 
 
 
・裁かれるは善人のみ
f:id:cinemakaeru:20151022210138j:image
【あらすじ】
ロシア北部の小さな町で、自動車修理工場を経営しているコーリャ。住み慣れた家で、妻リリア、先妻との息子ロマと生活していたが、市長のヴァディムが彼の土地を買収しようとする。権力を武器に自分の土地を容赦なく奪おうとするヴァディムに激しい怒りを覚えたコーリャは、モスクワから友人の弁護士ディーマを呼んで市長の悪事を暴露して徹底抗戦に挑む。やがて両者の攻防は激化し、思わぬ事態を引き起こす。
シネマトゥデイ(外部リンク)
 
父、帰る』でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したアンドレイ・ズビャギンツェフ監督の最新作です。『父、帰る』がズビャギンツェフ監督のデビュー作品だったのですね!ロシアの監督ということもあり、今作もロシアが舞台となっております。ロシアの田舎を舞台に圧倒的なロシアの風景、容赦ない現実を突きつけるストーリーが繰り広げられます。
今作はゴールデン・グローブ賞の外国語映画賞を受賞作品です!
 
 
【スタッフ・キャスト】
スタッフ
監督
アンドレイ・ズビャギンツェフ
製作
アレクサンドル・ロドニャンスキー
セルゲイ・メルクモフ
製作指揮
エカテリーナ・マラクーリナ
 
キャスト
アレクセイ・セレブリャコフ
エレナ・リャドワ
ウラジーミル・ウドビチェンコフ
ロマン・マディアノフ
セルゲイ・ポホダーエフ
 
 以上です!
今週の日曜は映画の日です!見に行ってくださいねー
 
ケロケロ!
 
2015.10.28