読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマかえるは映画の夢を見る

映画情報、B'z、アニメ、その他雑記を主に発信しております。

『アメイジング・スパイダーマン』/感想

映画
4月29日公開の『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』に合わせて、金曜ロードSHOW!で放送されるのがこれまでの『マーベル・シネマティック・ユニバース』と関係がないスパイダーマン…一応スパイダーマンは『シビル・ウォー』に出るけど、スパイダーマンを放送するなら『キャプテン・アメリカ』シリーズを放送して欲しいところ。といった不満はあれど、せっかくなので乗っからせていただきます。今回は2012年公開の『アメイジングスパイダーマン』です。
f:id:cinemakaeru:20160419082956j:image
サム・ライミ監督が手がけた「スパイダーマン」3部作(2002、04、07)からリブートされた新シリーズ。「(500)日のサマー」の新鋭マーク・ウェブがメガホンをとり、「ソーシャル・ネットワーク」「わたしを離さないで」のアンドリュー・ガーフィールドが主演する。ごく普通の青年ピーター・パーカーは、13年前に失踪した父親の秘密を思いがけず知ってしまったことから、スパイダーマンとして生きていく決意をする。ヒロインのグウェン・ステイシーをエマ・ストーンが演じ、ベンおじさん役のマーティン・シーン、メイおばさん役のサリー・フィールド、悪役カート・コナーズ博士役のリス・エバンスらが共演。

アメイジングスパイダーマン2』の感想はこちら↓

感想
注意:ネタバレあり









最初に言っておきますが、
私はスパイダーマンが好きではありません!

理由は多分2点あります。
1.敵が強いんだがスパイダーマンが弱いんだか知らんが、敵に爽快に勝ってない
2.ピーター・パーカーのパートが長々しくて見てられない
の2点です。

2に関してはそこが好きだという人がいるので、あくまで自分がです。なんかピーターが調子のって、そしてうじうじして…の繰り返しがどうもイヤでね。トビー・マグワイア版はそれがヒドかったんですよ!特に3!

それと1ですが、スパイダーマンって基本的に戦闘能力が高いわけではないので仕方ないのはわかります。けど敵が自滅しないかぎりスパイダーマン勝てないのはヒーロー映画としてはよくない、と私は思いますね。

それで『アメイジングスパイダーマン』ですが、とりあえず出演陣はみんな悪くない気はしました。ヒロインは前の方が良かったですけど…ピーターはアンドリュー・ガーフィルドの方が好きです。イケテない感じはなくなりましたけど、トビー・マグワイアより好きです。

ただ、それ以外は変わってません。スパイダーマンは弱いし、ピーターはうじうじやってるし、敵はトカゲだし。



しかしスパイダーマンがビルの合間を飛び回るのは毎度のながら良いですし、CMでも流れてましたが3Dを活かした主観映像は素晴らしいと思います。それと監督の独特の演出。ヘッドホンをしている後ろでトカゲと戦うスパイダーマン。スポンサー対策でしょうけど、面白かったですよ(笑)

そんな褒められる箇所を台無しにするのは、最後のピーターの言葉ですね。グウェンの父親の死も全部ムダ。次作への伏線って言ったって軽すぎだと思いますね。

にしてもリブートするには早すぎですね。いくらなんでも。
焼き回しだと思う人もいると思いますね。ベンおじさんが死ぬくだりは改めてそのままやられても…『バットマンvsスーパーマン』のオープニングのようにすればまだ良かったのに。
そういう面では誰がピーター・パーカーをやるかぐらいしか話題がないのが本作だと思います。




点数
40点
個人的に好きではないだけ。あと、スパイダーマンって自分で糸出せないのかよ!




以上です。
来週には『アメイジングスパイダーマン2』が放送されるので、またアップします。

見逃した方はこちら↓では!