シネマかえるは映画の夢を見る

映画情報、B'z、アニメ、その他雑記を主に発信しております。

「猿の惑星:聖戦記」

 

猿の惑星新三部作の完結編。

SF映画の金字塔「猿の惑星」。何故、猿の惑星になったのかを描く、新三部作の完結編。回を重ねるごとにリアルになっていく猿のグラフィックに驚愕のシリーズ。

f:id:cinemakaeru:20171015221932j:image

 

監督:マット・リーブス
出演者:アンディ・サーカス、ウッディ・ハレルソン

 

ネタバレあり

 

 

 

 

 

 


主人公のシーザーが知性を得て、猿のリーダーとなっていく1作目の「猿の惑星:創世記」。猿インフルエンザによって大半の人間がいなくなった世界で、生き残った人類との戦争へと進んでいく姿を描いた2作目の「猿の惑星:新世紀」。シーザーの英雄記も今作でラスト。どう猿の惑星、旧・猿の惑星につながっていくのかが注目ポイント。

 

 

ガチの戦争映画テイストの戦闘シーンから始まる本作は、どうしたことか冒頭以降どんどんと戦いのボルテージ(戦争っぽさ)が下がっていく。
人類側のボスである大佐に妻と長男を殺したことで復讐の鬼となるシーザー。そこからシーザーと仲間が大佐に復讐をするために群れを離れ、単独行動に出るのだが、それにより、戦争というよりも「トゥルーグリット」(「地獄の黙示録」のほうが近い?)のような、追跡劇になっている。前作と違うテイストでいいのだが、真の指導者になる道としては弱い気がする。

 

 


今回のテーマの一つがおそらく「復讐」。しかし、仮にも聖戦と題を付けているのであれば、個人的な復讐を描くよりも、リーダーとしてどう戦争に立ち向かうのかを描いてほしかった。「新世紀」で見せたシーザーのボスとしての姿のまま聖戦を戦い終えて欲しかったというのが、正直な感想。

 

また、旧・猿の惑星とのつながりの部分ではきっちりと答えは出している。しかし個人的には、猿が人間より思考・知性で上に立った描写があれば完璧だったかなと思うが、それはなくてもいいのかな?

 

映像的には不満と思うところは一切なし。猿の映像に冒頭とラストの戦闘シーン、どれもスゴい。2作目のコバが戦車で突撃するような飛び抜けた撮り方はないものの、本当に作るのヤバそうな映像のオンパレード。

 

役者も人間組も猿組も最高の演技を披露している。特にシーザー役であり、モーションアクターの第一人者、アンディ・サーキスは最高。偉大なシーザーというキャラクターを作り上げていた。
それと今回、物語の鍵を握る美少女のノバ。途中の雪山でのシーンは本当に天使かと思うくらいの美しさ。ダークな世界観に彩り与えていた。思い出したのはD.W.グリフィス、「散りゆく花」のリリアン・ギュシュ演じるルーシー。ノバの笑顔だけでも観る価値ありです。
旧・猿の惑星に同じ名前のキャラクターがいましたけど、それとは関係がないそうです。

 

 

結論からすると単体の映画としても、シリーズとしてもとても満足している。圧倒的な猿の映像に、練りに練られた脚本など、見るべきところは本当に多い。旧・猿の惑星とは目指すものが違うと思うが、猿を通して人間を嫌という程、的確に描写しているので、猿を観るなんてと思わないで下さいね。

シリーズものなので、1と2作目、あと旧・猿の惑星を観ないと分からないと思うので、チェックしてから劇場へどうぞ!

 

70点!

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス/感想

f:id:cinemakaeru:20170515083624j:image

感想

スクリーンの1秒、ワンフレームにまで溢れるサービス精神。心地よい音楽に身を任せるとあっという間に時間が過ぎていく…ガーディアンズの世界にどっぷりと浸かりましたが、ちょっと自分の期待とは違いました。
非の打ち所がない、まさに傑作だった前作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」。スペースオペラに懐メロを組み合すという、まるでスターウォーズで宇宙人がジャズを演奏しているかのような、まさにスターウォーズ以降の革命的な一作。物語のラスト、絶体絶命の中にも関わらず敵の前で音楽もなくいきなり踊り出すスターロード。その誰も予想できないノリ、そして驚きにかっこよさ。そこからの大逆転、「俺たちがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーだ」のセリフには痺れました。まさにガーディアンズ!それと比べると今回はそこまでアツくはならなかった…
全体的に笑える箇所が散りばめられていて、飽きることはない。しかし中盤以降のシリアスな展開には笑えることよりも意外性でアツくなる展開がほしかった。あまりに正攻法で勝負し、感動させた。そして僕は感動した。だがはたしてこれはガーディアンズなのか?という疑問も湧いてきた。いや、間違いなくガーディアンズではある。だが、違う。なんか違う。そんな気がしたのだ。真面目なのにユルい。オープニングがまさにガーディアンズ示している。踊っているベビーグルートの後ろで怪物との戦い。バックにかかるミュージック。本当に素晴らしい出来のオープニングだ。だが、その後はラストまで割とシリアスに進む。個人的には前作のラストのような圧倒的な驚きと意外性を求めていたが、その意味では少し期待外れだったのかもしれない。
今作ではルートがスターロードとロケットに分かれるが、ロケットはアクション担当で、スターロードの活躍は少なかった。スターロードルートは物語の性質上、説明が必要なのでそれも仕方ないが少々だれていた。もう少しスターロードの活躍が見たかったな。

 

総合的には随分と笑わせてもらったし、もっとこのノリを見ていたかったですね。最低でも前作を見た方がいいです。
あとチャンプの出演があります。ビックリしましたが、ガーディアンズには合っているかな!

 

 

点数

 65点

 

あと、マーベルコミックのキャラと流れていた音楽を知っていたらもっと楽しめたかなー。

屋久島に行ってきました!

お久しぶりです!(今年初?)

屋久島に行ってきました!

f:id:cinemakaeru:20170505132636j:plain

 

このために愛用の8000Dにばっちり雨対策を施しました!ちょっと高かったけど広角レンズを購入し、勇猛果敢に突撃!

 

トレッキングにとれる時間が一日しかなかったので、白谷雲水峡と縄文杉を両方を回りきってしまう上級者コースを選択。ほとんど登山をしたことないインドア派の人間に可能なのか不安ではありましたが、2・3回死にそうになったくらいでそんなに大変ではなかったですwww

 

ルートは 白谷雲水峡~もののけ姫の森~太鼓岩~縄文杉 です。

 

朝5時の風景がもののけ姫そのものの雰囲気でした!

f:id:cinemakaeru:20170505132017j:plain

 

白谷雲水峡!

朝早いので光が足りない!撮るのが難しい!

f:id:cinemakaeru:20170505132100j:plain

 

もののけ姫の森!これを目的に来ました!最高!

f:id:cinemakaeru:20170505132204j:plain

f:id:cinemakaeru:20170506115243j:plain

 

f:id:cinemakaeru:20170505132239j:plain

f:id:cinemakaeru:20170505132322j:plain

 

こだまの人形

f:id:cinemakaeru:20170505132341j:plain

f:id:cinemakaeru:20170505132411j:plain

 

太鼓岩からの景色!

雨だとこれないので、晴れてよかった!

f:id:cinemakaeru:20170505132530j:plain

f:id:cinemakaeru:20170505132627j:plain

 

f:id:cinemakaeru:20170506114917j:plain

f:id:cinemakaeru:20170506115803j:plain

やくしか!もっとよって撮りたかった!

f:id:cinemakaeru:20170506115446j:plain

ウィルソン株!

f:id:cinemakaeru:20170505132452j:plain

 

大王杉!

f:id:cinemakaeru:20170506115617j:plain

 

縄文杉

倒れる危険性もあるので近くに寄れないです。もう少し望遠のやつをもっていけばよかったかな?

f:id:cinemakaeru:20170506114826j:plain

f:id:cinemakaeru:20170505132628j:plain

 

縄文杉らへんで豪雨。バケツをひっくり返したような雨に雷の祝福に見舞われ、レインウェアのお陰で濡れはしなかったけど、ザックカバーがうまく装着できず、ちょくちょく外れて、ザックがびしょ濡れ。カメラの充電器がおさらばになってしまいました。しっかりとジップロックに入れてたのに…

合計13時間のトラッキングでした。かなりつかれましたが、行ってみて本当によかったです。オススメは雨。苔が広がって雨を取り込んでいました。その姿が呼吸しているみたいでした!森中が!雨も捨てたものではないです。

チャンスがあればもののけ姫の森に行きたいです。少しの雨のときに!

 

 

2016年のベストショットで去りゆく年を想う

トピック「2016bestshot」について

 

話題になっている2016年ベストショットを流行りに流されて投稿したいと思います。

 

 

 

もう年の瀬。去りゆく2016年に「どんな年だった?」と聞かれたら「辛くて、楽しい年だった」と答えるし、「漢字一文字で答えて」とリクエストされたら「…『風』かなー」とお答えすることだろう。無くなったものも得たものもあるが風に揺られるように自然(という名の社会)に振り回された記憶ばかり残っている。楽しいのはもちろんだが一瞬。残ったのは辛いこと、楽しいことの記憶も写真のみ。それをホコリが被ってしまう前にブログに残す良い機会。色々あったな(笑)

 

 f:id:cinemakaeru:20161214190537j:imagef:id:cinemakaeru:20161214190550j:image

f:id:cinemakaeru:20161214190633j:image

今年結婚したので、その画像がほとんど(笑)まあ忘れない年になりました。

写真はiPhoneで撮ってますが、カメラ欲しい。パソコンも欲しい。しかたない。来年もがんばるか(笑)

 

追記:さっき撮った写真もキレイだったので載せます。

f:id:cinemakaeru:20161215214747j:image

実際に体験したハワイウェディングの魅力・人気の理由とは?

海外でのウェディングは憧れですよね!

11月29日にハワイで挙式をしてきましたが、私たち以外にも挙式をしているカップルが大勢いらっしゃいました!東海岸のビーチの撮影の際にはビーチの駐車場にリムジンが3台も止まる事態に(笑)11月末のオフシーズンでもこの人気です!6月はもっと多いのかな?

私も嫁にハワイウェディングのことを聞いてもピンときませんでした。なんとなく国内の結婚式はイメージがありますが、ハワイではどうしたらよいのやら…しかし、実際に体験してみると

思っていたよりずっと楽でした!

結構不安がありましたが、式場を予約してから帰りの飛行機まであっという間に過ぎてしまいました(笑)もう流れがしっかり決まっていますから安心です!

とまあ新婚さんが気兼ねなく行えるようになったハワイウェディング、その魅力・人気の理由、メリット・デメリットに迫ります。

 

 

決めることが少ない!


結婚式(国内挙式でいうところの披露宴)は決めることが多いです。参列者の選定、席の位置、引き出物、そして式の段取りなどなど。余興など自由にできることが多いですが、その分仕事かって思うくらいに打合せがあります。それに比べるとハワイウェディングでは決めることが少ないです。式の会場、日時、参列者、ドレス、フォト、式の後のお食事で大体決まります。これは国内でも新婚旅行でも同じですが、ドレスは基本お色直しがないのでひとつ決めればOKですし、お食事もコースを選ぶだけで余興とかもないので楽チンです。ちなみに私たちは自分で作った映像を流したり、手紙を渡したりとお食事がメインでやりました。式もお食事もほとんどがYES or NOで決まるものばかりですので、決めることが少なくて楽でした!簡単に決めることができるのも魅力かと思います!

 

費用が安く抑えられる!


やっぱり参列者が多くなるとその分、費用がかかります。しかしハワイウェディングではそんなに参列者は式を行う2人と両家の両親や兄弟、姉妹などの組み合わせが多く、合計10名ぐらいとそこまで多くはありません。披露宴もないので挙式代の倍とかに費用がなることはありませんので安心です。経済的です!

 

気を使わなくていい!


結婚式では段取りの実際に動いて確認は直前にしかやらないそうで、会場の方がフォローしてくれますが、やっぱり間違えることがあります。多くの人がいる前で失敗はやっぱり堪えますよね〜。ですが、身内のみの場合は笑い話で済むので気が楽です!

 

親に海外旅行をプレゼント!


私の両親と私が海外に行ったことがなく、今回が初海外となりました!正確には旅費を出したわけではないのでプレゼントではないのですが、海外旅行のきっかけとしてハワイウェディング、その他の地域でもいいですが、海外ウェディングは良いと思います。主役が自分たちの場合、多少のわがままが通りますから(笑)

 

1年以上前から予約しなくていい! 


最初にJTBさんに式の話を聞きに行った時、国内挙式って1年以上前から予約しないといけないと聞いてビックリしましたが、ハワイウェディングではそんなことはないです。大体半年前くらいでも大丈夫です。すぐに結婚式を行いたい人、
ピンポイントで予約したい人などにおすすめ!

 

式に集中できる!


披露宴はないので式がメインということもあり、式に集中できます!会場もとてもキレイなので式でのひとつひとつの動きが鮮明に残ります!

 

ハワイのロケーション!

f:id:cinemakaeru:20161211112039j:image

f:id:cinemakaeru:20161211112510j:image

f:id:cinemakaeru:20161211112210j:image

f:id:cinemakaeru:20161211112359j:image
はい!ウェディングドレスを着てここで撮影ができます!やっぱりこれを体験、写真に収め残したい人はハワイに行くしかないです!

 

 

それ以外にデメリットと思う点は以下となります。

 

実際にチャペルを見れない!


素晴らしいチャペルの画像しかなく、実際に見て決められないということがあります。ハワイですしね。まあ楽しみをとっておきたい人は気にならないでしょうが…画像はどれも素晴らしいので、迷ってしまいますが、私たちが予約したJTBやHISの方は実際に行って見ているので話を聞いたり、ご自分でこういった体験ブログで調べたりして選んでください。
おそらくですが、当日実際のチャペルを見てがっくりすることは多分ないと思います。式場にもよりますが…大抵は素晴らしいので緊張が倍増します(笑)

 

友達などを呼べない!


ウェディングはみんなでワイワイやりたい!というカップルにはおすすめできません。参列者がハワイになかなか来れないので、身内のみの式になる可能性が高いです。参列者の旅費は参列者持ちが普通なので行きたくてもいけない→参列者が絞られるということになります。国内でやったほうが無難です。


以上です!
ハワイウェディングは国内挙式よりも簡単にしかも費用を抑えられてできるのは魅力だと思います。国内挙式はみんなでワイワイと大勢で式を作りこみたい方におすすめです。
デメリットと思うところも出しましたが、やはりハワイでのウェディングはおすすめです!ハワイのロケーションで行う式は鮮明に記憶に残ると思います!

ハワイウェディングをしてきました!

現地時間2016年11月29日(火)にハワイで挙式を行いました!皆さまありがとうございます!

 
プロポーズしてから約3年。
入籍してから約半年。 
 
やっと結婚式を迎えることができました!しかも念願のハワイで!
感無量!!!長かったような短かったような…でもそんなことを吹き飛ばすくらい最高の思い出ができました!初の海外、初のハワイ。蒼い海に白い砂浜 etc.
f:id:cinemakaeru:20161210155151j:image

 

それぞれ結婚式というものに夢を抱いている人がいると思います。その中でもハワイウェディングは2人きり、もしくはご両親のみといった少人数から友達を呼んで大人数で行うウエディングまでそれぞれが自由に選べることができ、気兼ねなく自由に式を選べるのが魅力です。
今回は新婚旅行も兼ねていますのでハワイ観光はもちろん、純白のドレスでハワイの浜辺で写真を撮ったりできるのはハワイウェディングならではの体験です。
 
初海外でしたが打合せもしっかりできたので特に不安もなく、また現地でも問題なく過ごせました。JTBさんで予約しましたが、色々なことを聞いたり予約をしたりと丁寧にやっていただいて本当に楽でした!
両家の両親と私の姉の7人での式でしたが、スタッフの方やカメラマン、メイクさんが本当にいい人ばかりで最高の結婚式でした!
ハワイ最高ー!
 
また行きたいです!そのためにはもっとがんばらねば!
 
このブログでハワイウェディングの情報をアップします。しばらくはハワイウェディングブログに変貌します!参考になれば幸いです!
 f:id:cinemakaeru:20161210155401j:image
 
では皆さまありがとうございました!
 
 

【映画感想】ダークナイト/バットマンシリーズ歴代最高傑作

 

バットマン ビギンズ」の正統なる続編。「ダークナイト」シリーズ第2章。今作からタイトルにバットマンが付かない。知らない人は間違えるかもしれないが、間違っても前作をのけ者にしないでほしい。監督は引き続きクリストファー・ノーランクリスチャン・ベールをはじめ、主要キャストはケイティ・ホームズ以外は続投。初登場組は、ヒース・レジャーアーロン・エッカート

 

f:id:cinemakaeru:20161106155044j:image

 

正直、「バットマン ビギンズ」自体が旧バットマンシリーズの中でも最高傑作だったと個人的には思っているので、映画館に行かなかったことを割と後悔しています。※「宇宙戦争」を選択。しかもそれを軽々と超えてくる続編が出てくるとも思いませんでしたよ。

 

公開当初は色々な言葉が飛び交いました。

 

鮮烈ー

衝撃ー

度肝を抜かれるー

 

数々の絶賛の声。その中心にいたのが間違いなくヒース・レジャーが創り出したジョーカー。「七人の侍」を当時劇場で観たことを孫にも自慢するように、ジョーカーを劇場で観たことを私はきっと孫に自慢するだろう。ありがとう。

 

迫真の演技、熱演といった言葉がまったく当てはまらない。演技という概念そのものを超越し、ジョーカーそのものになったとしか思えないヒース・レジャーの姿。ジョーカーがスクリーンいっぱいに映し出される

たびに圧倒される。裂けた口をめいっぱい開いて笑う姿、頭から離れない甲高い笑い声、見事な手品。そして何よりゲームのように犯罪を繰り返す残虐性。無計画のようで緻密に練られている犯行。

 

ヒース・レジャージョーカーはジャック・ニコルソンジョーカーとは別の悪。全く素性が分からず、どこの誰かも語られない。唯一、ジョーカーが語るのは口の裂けた理由(しかもナイフを口に入れながら)のみ。素性が分からない神秘性と不気味さの中に愛嬌がある(←たぶん)ので、なぜだかとても魅力的に見える。

 



バットマン、ゴードン、デントがマフィア撲滅に奔走し、追い込まれたマフィアが頼ったのがジョーカー。オープニングの銀行強盗ではただの泥棒だったジョーカーがバットマンなどの正義によって力を得ていく。ゴッサムシティーの市民に向けた犯行を繰り返し、バットマンには市民を人質にマスクを脱ぐように脅迫をする。

人々の恐怖を武器に市民、そして警察を脅して犯行を行わせる姿は映画「セブン」の犯人ジョン・ドゥのようにも思える。彼も恐怖・絶望を駆使して、人に犯罪を行わせていた。

両者は共に善人を悪の道に引きずり込むことができる能力があり、デントは切り札として利用される。全てジョーカーの計画通りだが。多くの一般市民、及び警察に犯罪を行わせるジョーカーは時代が違えば革命家とか呼ばれる可能性があるだろうし、その末路を描いているところが「ダークナイト」の素晴らしい所のひとつ。

 

結論として、ジョーカーは魅力的で飛び抜けた存在のヴィラン。これを超える悪は存在しないのではと思う程に完成されたキャラクター。

これを超えるヴィラン、キャラクターは今後出てくるのも難しいと思う。ジョーカーなしで次作の完結編を作らなくてはならなかった製作陣は大変だったと想像するし、本当に次作でも観たかったです。

てな感じで、まるでジョーカーが主人公のように書いてきたが、あくまでジョーカーはヴィランであり、主人公はバットマンとなっているのがまた最高。

元々、ジョーカーを生み出したのはマフィアを追いつめたバットマンである。ジョーカー(犯罪)なしでは存在できないバットマンバットマンなしではただの泥棒に戻るジョーカー。そのロジックを語る取調室のシーンは圧巻。見応えある演技合戦が観られる。

デントを光の騎士として認め、マスクを脱ぐ決心をし、レイチェルと幸せになろうと決めたバットマン。そよひとつひとつを粉々にし、バットマンを内面からボロボロにしていくジョーカー。「闇のヒーロー」として街を救った彼がデントの罪をかぶり、文字通り犯罪者となってまでゴッサムシティーを救う。この物語はバットマンが「ダークナイト」になるまでを描いていた。自分がヒーローではないと自覚し、街のために身を落とし、ジョーカーとのロジックを一生抱えて生きていく。あくまでジョーカーはバットマンを引き立たせ、物語に奥行きを出すための一部。しっかりとバットマンの物語となっています。

ラスト、ゴードンのセリフと共に闇に消えるバットマン。そこからのタイトル!の流れに涙が止まりませんでした。

 

不満点は

・レイチェル役が微妙。前の人とは言わないが、他にも候補がいたはず。

・トラックが横転するときに車が全然なかったのに、次のカットには走っているので混乱。などのつなぎであれってなるシーンが多々ありました。

などありますが、そんなちょっとのことはスルーできるくらいの傑作です。

 

ビルに寄っていくファーストカットからIMAXカメラの威力が発揮されているシーンの数々、全く飽きさせない怒涛の展開に奥深いテーマ、腹の底に鳴り響くハンス・ジマーの音楽、各キャストの名演。これを作り上げたクリストファー・ノーラン監督な手腕にこの世にこれ以上ないキャラクターをフィルムに焼き付けたヒース・レジャーに最大の敬意と感謝を表明します。

 

無音の企業ロゴからラストのタイトルまでノンストップで駆け抜ける大傑作!1度は観ていただきたい一作です!


cinemakaeru.hatenablog.com